• 送料無料
 

トップ > 日本酒 > 日本酒を蔵元から選ぶ一覧 > 福島県の日本酒 > 自然郷(しぜんごう)、楽器正宗(がっきまさむね)│大木代吉本店

自然郷(しぜんごう)、楽器正宗(がっきまさむね)│大木代吉本店

information


自然郷(しぜんごう)、楽器正宗(がっきまさむね))│大木代吉本店

『喜びを醸し、新しい酒造りに挑む』の魂

慶応元年(1865年)より開拓者精神と自然があふれる福島矢吹の地で酒造りに挑んできた大木代吉本店。

お米本来の旨味や甘さを引き出した味わいは、様々な世代から愛されています。

和食との相性も極めて良く、日常の食卓に華を添えてくれます。

自然を育み醸す 『自然郷』

身体に馴染む、無条件の美味しさ。

『自然郷』は、農薬を使用しない米だけを原料とし、お米本来の旨みや麹の甘み、酵母の華やかさを表現しています。

まだ純米酒という言葉もなかった時代に、当時としては珍しい無農薬米だけを使った純米酒を醸造。

自然あふれる福島県のテロワールが詰まっているお酒です。

昭和49年(1974年)福島県西白河郡矢吹町の豊かな自然へ謝意を込めて「自然郷」と名付けられました。

手にする度に喜びが溢れる酒。

それが『自然郷』です。

楽しさを奏でる 『楽器正宗』

発見と感動。

日々を楽しむ 『楽器正宗』は大正時代に宮内庁の雅楽師で君が代の作曲者とされる奥好義(おく よしいさ)さんが 「酒造りも楽器を奏でることも、元は同じく神様への捧げ物」と言われたことに由来しています。

ひとりでしっぽり飲むもよし、仲間とわいわい楽しみながら飲むもよし。

自分の好みの曲を聞くように暮らしに潤いを与えてくれます。

毎日飲んでも飲み飽きない、酒造りの既成概念を打ち破る二代目代吉の志を受け継ぐお酒。

それが『楽器正宗』です。

全33件