トップ > スピリッツ > 国産クラフトスピリッツ

IMADEYA PRIVATE BRAND

特集 国産クラフトスピリッツ

バーやダイニングレストランなどで主にカクテルとして親しまれるスピリッツ。
ウォッカ、ジン、ラム、テキーラが4大スピリッツといわれています。

原料を見るとテキーラ以外は国産が可能です。
テキーラの原料は竜舌蘭(リュウゼツラン)といい、巨大なパイナップルのような外観をした熱帯域の植物で、日本にはなじみがありません。

蒸留酒に分類されるスピリッツですが、日本には4大スピリッツ以外に焼酎やジャパニーズ・ウイスキーと言った蒸留酒があり、それらは世界で高い評価を得ています。
つまり、高い蒸留技術がある日本においても、高品質な国産スピリッツを造ることが可能なのです。

国産のスピリッツと海外スピリッツの大きな違いは原料です。
例えば、お米を原料としたウォッカや、お茶や柚子、さらには牡蠣の殻を原料にしたジンなどもあります。

「お米原料のウォッカとはすなわち米焼酎では?」
思わる方もいらっしゃるかもしれませんが、ウォッカは蒸留して得られたお酒を白樺炭でろ過をしているため、クセが無くすっきりとしていて、カクテルのベースに好まれます。原料(二次醪)の特徴が残る焼酎と、あまり残さないウォッカの違いになります。

また、ジンの場合はウォッカとは少し対照的に、ボタニカル(草根木皮)と呼ばれるもので香味付けをしています。
ボタニカルによって香りも味わいも変わるので、お好みのジンを見つける楽しさもありますね。
日本独特のボタニカルを使用したジンの香味が、もしかしたらぴったり好みに合うかも♪

国産クラフトスピリッツの種類、歴史ともにまだまだ発展途上です。
しかしながら日本の職人的技と、日本固有の原料との融合による国産クラフトスピリッツの魅力をぜひお楽しみいただけるコーナーがこちらです。

全9件