トップ > 焼酎

焼酎

焼酎

本格焼酎にも二つのタイプがあり、連続式蒸留方法で何度も蒸留することにより無味無臭の焼酎・甲類焼酎と呼ばれるものと、単式蒸留方法により原料の持つ特性が香り・味わいにしっかり表現される焼酎・乙類焼酎があります。
また乙類焼酎には、常圧蒸留と減圧蒸留とがあり、常圧蒸留は90℃〜100℃の沸点で蒸留することによって旨味や香り、複雑味が出るので原料の個性がはっきりと分かります。
減圧蒸留は40℃〜60℃ほどで沸騰させることで、常圧蒸留の焼酎に比べクリアでクセのない焼酎が出来ます。