トップ > 日本酒 > 蔵元で選ぶ > 京都府 > 澤屋まつもと(さわやまつもと)│松本酒造

澤屋まつもと(さわやまつもと)│松本酒造

information


澤屋まつもと 守破離
日本酒の本当の価値は酒米の産地にある この3年間で様々な米で醸してきて思うことが、やはり当然のことながら
米の産地には世界的にも普遍的な価値があるとの確信。
しかし、その日本酒を語る上で非常に大切な産地のことが、
まだまだ日本酒を飲んで頂けるお客様に届けられていないのでは、
と語る松本酒造杜氏「松本日出彦」さん。
そこでこの趣旨を、飲んで頂くお客様にお届けするきっかけとなるよう
「澤屋まつもと 守破離」のラインナップ整理が行われました。
2016年より、今ある既存の価値観に加えて、米の産地に対する価値を高め、
日本酒の価値をもっともっと高め取り組みに松本酒造は挑戦しています。
兵庫県特A地区東条での山田錦栽培の農業従事 松本酒造の兵庫県東条での山田錦栽培は、これから始まります。
本来の稲作の勉強、生産者さんとの共同作業、また一番大切な日本酒の
造り手としての視点で、これからの稲作に何が必要かを追求していきます。
そして、近い未来で東条地区での自社栽培にも取り組みます。
IMADAYがお伝えする守破離の魅力
IMADAYスタッフ
自分たちの表現したいことが明確になり、目的と中身がかみ合いだして状況が変化したのは3年前。
この3年間、原酒でフレッシュな低アルコールの酒質は、熟成も含め年間通じたフレッシュな食中酒としての味わいをずっと探してきた松本酒造。

そして今季の新酒より、香り・甘み・アルコール感をより抑えて、酸味・旨み・良い苦味を主体としたフレッシュな食中酒が出来上がってきております。
この味わいを目指して醸したラインナップ「守破離」の魅力を私達IMADAYがお伝えしていきます。
澤屋まつもと「守破離」ラインナップ

山田錦、雄町、五百万石ともに原酒ですが
アルコール度数を控えてあります。
(14.8%〜15.0%ぐらい)
お野菜や魚など様々なお料理と本気で美味しく飲んで頂けるよう、
味わいのボリュームは少し控えめに、甘み・香り・アルコール感を抑えて
酸味・旨み・良い苦味で味わいが構成されています。

全32件