トップ > 日本酒 > 規格で選ぶ

規格で選ぶ

information


日本酒規格で選ぶ

日本酒を選ぶときによく目にする「純米大吟醸」「大吟醸」「純米吟醸」「吟醸」「純米酒」「本醸造」などの様々な特定名称。これらの名称の違いは「精米歩合、醸造アルコールの添加の有無」によって変わってきます。

精米歩合とは?
そもそも精米歩合とは玄米を100%としてそこからどれだけお米を削ったかを表す指標のこと。
例えば精米歩合60%では、40%お米の外側を削ったことを意味します。
ちなみに皆様が普段食べている白米は精米歩合が約90%です。

そのお米には、デンプン質の他に、タンパク質も含まれています。お米を削るほど、お米の中心部にあるより純粋なデンプン質を取り、雑味の原因となるタンパク質を削ることが出来ます。
一例ですが、お米の味わいをしっかりと感じさせたい場合は精米歩合を高め、綺麗でクリアな酒質を出したいときには精米歩合を低くします。
また、精米歩合が低いほど、多くの米を削らなければいけません。それだけ多くの原料が必要になるため、お酒の値段も上がります。

醸造アルコールの添加の有無とは?
純米酒とは「米」「水」「米こうじ」によって造られたお酒を指します。純米酒の規格は「純米大吟醸」「純米吟醸」「純米酒」に分類され精米歩合別に名称が異なります。

「米」「水」「米こうじ」に醸造アルコール(アルコール度数95度)を添加すると、「大吟醸」「吟醸」「本醸造」と名称され、精米歩合別、醸造アルコールの添加量により名称が異なります。昔は増量を目的として、醸造アルコールが添加されていましたが、現在は酒質の安定化や酒質の調整、その香りを高めるなどお酒の品質を高めるために行われております。

特定名称
※「普通酒」とは、特定名称酒以外の日本酒のことを示します。

IMADAYがおすすめする日本酒は精米歩合の高低、醸造アルコールの添加の有無による良し悪しは無く、それぞれの蔵元が表現したい酒質を目指し一本一本丁寧に醸されています。
お酒を選ばれる際に規格に注目することで新たなお好みの味を発見できるかもしれません。
どうぞ、全国の蔵が醸す日本酒をお楽しみください。



  • 純米大吟醸
  • 大吟醸
  • 純米吟醸
  • 吟醸
  • 純米酒
  • 本醸造
  • 普通酒

全2464件