トップ > 海外ワイン > フランス > ロワール渓谷地方 > トゥーレーヌ地区 > カトリーヌ・エ・ピエール・ブルトン

 

カトリーヌ・エ・ピエール・ブルトン

ロワールにおける自然農法の先駆者ピエール・ブルトンさんは大学卒業後1985年に地元のロワール地方ブルグイユに、ドメーヌを設立。妻のカトリーヌさんと二人でワイン造りを行っています。設立当初よりブドウ栽培における化学薬品の使用に疑問を感じていた中で、マルセル・ラピエールのワインに出会い感銘を受けたそう。そのマルセルさんと直接交流を深め、自らも有機栽培を追究していきます。

当時ブルグイユでは当たり前の様に農薬が使用され、大量生産のワインが主流でした。その時は異端児としての眼を向けられていたそうですが、現在ではこの地域における自然農法の先駆者として、他の造り手からも高い信頼を集めています。

1994年にはエコセールの認証を取得。畑で使用するのは主に堆肥のみで、化学肥料や除草剤は一切使用していません。1990年からはビオディナミに移行。現在はロワール地方ヴーヴレイ、シノンでもワイン造りを行われています。

(※)エコセールとは?
有機栽培食品とバイオデナミー(ビオデナミ)栽培に関して検査・認証を行う機関。

カトリーヌ・エ・ピエール・ブルトン


全2件