トップ > 特集 > お燗におすすめ日本酒特集、人気銘柄ベスト4+α

お燗におすすめ日本酒特集、人気銘柄ベスト4+α

お燗におすすめ日本酒特集、人気銘柄ベスト4+α

日も暮れて冷え込む季節になったらお燗をして楽しむ日本酒がおすすめです。お燗に最適な日本酒を温めて味わうと、冷酒の時には潜んでいたアミノ酸、コハク酸、乳酸などのさまざまな成分が際立ち、日本酒が本来持っている米の旨味や甘み、ほどよい酸味などが更にお楽しみ頂けます。穏やかな香りと、からだに優しく染みいる旨み。杯を重ねるごとにゆるやかに酔いがめぐり冷えた身と心を、じんわり温めてくれます。

■そもそもお燗とは?
お酒を徳利(とっくり)に入れ、
適度にあたためることを言います。

■日本酒のお燗における一般的な温度表現
30℃前後・・・・・日向燗(ひなたかん)
35℃前後・・・・・人肌燗
40℃前後・・・・・ぬる燗
45℃前後・・・・・上燗
50℃前後・・・・・熱燗(あつかん)
55℃前後・・・飛び切り燗(とびきりかん)

■ご自宅で気軽にできるお燗に必要な物
・いづみ橋 とんぼマ−ク入り 湯燗
・お好みの日本酒

お燗に必要なもの

写真上:お燗に必要なもの

■いづみ橋 とんぼマ−ク入り 湯燗を使用したお燗の方法

  • お酒を徳利の九分目まで入れます。
  • 急須の中に熱湯を入れてお酒を入れた徳利を
    そこに入れます。
  • 中指を徳利の底に当ててみて、やや熱いと感じたら、
    ちょうどいい燗になっています。
    ※徳利の素材、厚みによって差はあります。
    ※温度計があればより正確に温度を測れます。

    【IMADAYから一言】
    燗の温度は人によって
    好きずきですので、いろいろ試して
    みてご自分の好みを見つけるのも燗酒の
    楽しみです。
  • 徳利は好みの温度で外に出しておいてもしばらくは温度を
    保ってくれます。

    後は呑むのみ!
    皆様もお気軽に
    お燗の世界をお楽しみください!
週間売上ランキング【2017年2月14日〜2月22日】
紗利 五割諸白 純米大吟醸 1800ml◆商品説明寿司舎利にベストマッチ!Sariは梵語で「米」を意味し、寿司飯「舎利」の語源とかけた銘柄。霊峰白山をルーツとする伏流水を使用した、限定流通銘柄!手作業での仕込みにより特有の「酸」があり、独特の「旨味」、「酸味」、「キレ」は、和の柑橘類を連想させる。エレガントな酸、優雅な余韻は秀逸です。【おすすめの温度帯 ぬる燗】
白隠正宗(はくいんまさむね) 純米 生もと誉富士 720ml◆商品説明生もと造りによる太く厚く感じる旨みが特徴です。 しっかりとした酸もあり、クリーミーなお米の旨みを お楽しみいただけます。
醸し人九平次 純米吟醸 火と月の間に 1800ml◆商品説明温度帯によって様々な表情をみせる究極のお燗酒。お酒の名前にもなっている「火と月の間に」というユニークな名前は「燗」の字をバラして名付けられました。落ち着いた吟醸香。バランスの良い酸味、お米の旨味が特徴です。お燗にすると酸味に丸みが出て、凝縮された甘味や旨味を感じられます。自分のお好みの温度帯を見つけるのも楽しみの一つ。冷やで呑んでももちろん美味しいお酒です。■冷や(常温)20度のとき九平次らしい柑橘系の香りと酸。若干の収れん性と鼻から抜けるアルコール感じられます。■30℃前後・・・・・日向燗(ひなたかん)のとき柔らかい絹のような口当たり。旨味、酸味が、甘みが溶け合ってバランス○!■40℃前後・・・・・ぬる燗のとき口に溶け込むかのような非常に良い口当たり。飲み進んでいくと、酸味の角がとれ、丸みをおびてきたようにスベリが良くなります。お米のふくよかさが絶妙なバランスで感じられる温度帯です!■45℃前後・・・・・上燗のとき口から風味が抜ける際に、一瞬ジュワッと感じる重みのある甘みが感じられます。■55℃前後・・・飛び切り燗(とびきりかん)のとき複雑な味わいは感じなくなるが口に含んだあたたかさと、アルコールが抜ける清涼感が感じられます。 【おすすめの温度帯 ぬる燗】
山形正宗 生もと純米酒 1898 赤磐雄町 1800ml◆商品説明キレの中にやさしさが感じられる日本酒東京とパリに制作拠点を置き、世界的な活躍を見せるアーティスト・平野傑(ひらのつよし)氏が、初めて日本酒のラベルを製作山形正宗が持つ【堂々感】・【王道感】を表現。 大胆な遊び心を持って描いて下さいました!岡山産の赤磐雄町を使用した生もと造りの日本酒です。 山形正宗が本来持ち味としている「しっかりとした米の旨みとミネラルの多い硬水からのシャープな味わい」に加えて、生もと造りから生まれる複雑で重層的な味わいが皆様を魅了します。人それぞれの感性で飲んでほしいという蔵元の想いからスペックは非公開。燗にしてお肉料理と一緒に呑むのがオススメです。【おすすめの温度帯 ぬる燗】
お燗に最適な酒器
いづみ橋 とんぼマーク入り平盃日本酒を温めて味わうと、冷酒の時には潜んでいたアミノ酸、コハク酸、乳酸などのさまざまな成分が際立ち、日本酒が本来持っている米の旨味や甘み、ほどよい酸味などが立ち上ってきます。この豊かな味の広がりによって、さまざまな料理の味を引き立てる良き食中酒となってくれるのが燗酒の魅力です。別売りの「とんぼマ−ク入り 一合スッポ燗徳利」「とんぼマ−ク入り 湯燗とっくり」を使いお湯を入れてじっくり湯燗。しっとりとお楽しみ下さい。
いづみ橋 とんぼマーク入り 一合スッポ燗徳利日本酒を温めて味わうと、冷酒の時には潜んでいたアミノ酸、コハク酸、乳酸などのさまざまな成分が際立ち、日本酒が本来持っている米の旨味や甘み、ほどよい酸味などが立ち上ってきます。この豊かな味の広がりによって、さまざまな料理の味を引き立てる良き食中酒となってくれるのが燗酒の魅力です。お湯を入れてじっくり湯燗。別売りの「とんぼマーク入り平盃」「とんぼマ−ク入り 湯燗とっくり」を使って、しっとりとお楽しみ下さい。
いづみ橋 とんぼマ−ク入り 湯燗とっくり日本酒を温めて味わうと、冷酒の時には潜んでいたアミノ酸、コハク酸、乳酸などのさまざまな成分が際立ち、日本酒が本来持っている米の旨味や甘み、ほどよい酸味などが立ち上ってきます。この豊かな味の広がりによって、さまざまな料理の味を引き立てる良き食中酒となってくれるのが燗酒の魅力です。お湯を入れてじっくり湯燗。別売りの「とんぼマーク入り平盃」「一合スッポ燗徳利」を使って、しっとりとお楽しみ下さい。

全39件