トップ > 海外ワイン > スイス > ドメーヌ・デュ・ダレー

ドメーヌ・デュ・ダレーDomaine du Daley左上段画像  ドメーヌ・デュ・ダレーDomaine du Daley右上段画像

ドメーヌ・デュ・ダレーDomaine du Daley下段地図

ドメーヌ・デュ・ダレー
Domaine du Daley

1392年に設立。ドメーヌ・デュ・ダレー(Domaine du Daley)は、スイスで最も古い醸造所です。
現在のオーナーはシリル・セヴランさん。

■世界遺産に構えるワイナリー
スイスワインの一大産地、約800年の歴史を持ち、2007年に世界遺産登録されたラヴォー地区にこのワイナリーはあります。斜面に広がるブドウ畑と湖と青空という美しい光景はここならでは!この地区で生産されているのは7〜8割が白ワイン。その9割を「シャスラ」というこの土地最古の白ブドウ品種が占めます。

■3つの太陽が降りそそぐ土地で育てられる最高のブドウ
ラヴォー地区のブドウは、太陽、湖の反射光、石垣に蓄えられた熱という3つの太陽で育つと考えられています。 恵まれた環境でできるのは、ミネラルが豊かで、清洌(せいれつ)な風味のブドウです。

■伝統かつ斬新な造り手
シリルさんのワインは、シャスラに他の品種をブレンドしたものも多く、伝統を守りつつも、シャスラの新しい姿、ラヴォー地区の新しい可能性を感じさせてくれます。

品質にこだわりを持ちながら丹精を込めて、環境の配慮も忘れず、畑からカーヴにまで作業効率の良くない手作業で、ワインを造り続けています。そしてまた、そのワインを洗練したものに仕上げる為に、11か月から22か月間ワインを熟成。

全てのワインは、独自に所有する畑から収穫したブドウで醸造し、瓶詰作業まで全て一貫してワイナリーで行っております。5つのアペラシオンに振り分けられた13haの土地に、12種類のブドウ品種が栽培されており、そのうちの7ヘクタールはドメーヌ周辺に点在。

そして、独自に所有するブドウ畑から、それぞれのテロワールを活かしたグラン・クリュも醸造されています。

どうぞ、わずか2%しか輸出されていない貴重なスイスのワインをお楽しみ下さい。

ドメーヌ・デュ・ダレー


全13件